CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 新婦さんのこだわりブーケ | main | 本物。 >>
優しく包みこむ。
四十九日のお供えのアレンジメントのご依頼で
「 アジサイ か ライラックを入れて下さい 」っと。
この2種類リクエストするなんて、ただものではありません。
実は、お花のレッスンに通って下さっている生徒:Kさん。
気合いを入れて挑んだ仕入れでは、残念な事に
お供えに適したお色のアジサイはなく(アンティーク色や派手色)
ライラックも配送に耐えれそうな元気な物ではない・・・
あじさいの時期に「あじさい入荷出来ませんでした〜」
なんて悲しすぎる。

そこで、一目惚れした「アジサイ:シュガーホワイト」を
切り花はあきらめて、鉢物で仕入れてきました!
しっかり水揚げをした上でアレンジに。

悲しさ・寂しさをふわっと優しく包み込むように。
お悔やみのアレンジでは、いつも以上に「優しさ」を
表現するのを大切にしています。

お花を見て、張り詰めていた心がゆるまって
思わず声をかけたくなるような繊細さだったり。

優しく優しく悲しみを包み込むように。

お悔やみのお花は「 心に届けるお花 」だと思う。

Kさん、ご友人のみなさま、大切なお気持ちを込めた
お供えのアレンジメント お任せ下さりありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます。
とっても励みになっています☆

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ

にほんブログ村
| アレンジメント | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック