CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< SAKURA色* | main | 70周年記念式典 舞台装花* 〜 スペシャルゲスト編 〜 >>
70周年記念式典 舞台装花* 〜 活け込現場日記 〜

昨日SNSで一足早くUPした画像へ

思いもよらぬたくさんの反響

自分の事のように、皆さんとっても

喜んで下さりとっても嬉しかったです。

(たくさんのコメント・LINE・メッセージ

あたたかな想いをありがとうございました♪)

 

当日の様子を活け込現場記事と

式典でのスペシャルゲスト特集と

2本立てでご紹介したいと思います!

 

まずは市場で8分咲きの東海桜と

以前にご紹介したダリア生産者:西川さんの

艶舞(えんぶ)や白ダリア30本以上と

ユリ・デルフィ・スノーボール約100本

資材などを車に積み込んで出発!

現場に到着すると、まだ舞台設営中で

舞台には上がれない為、ゲストからの

目線を知る為にスタンド席へ。

うわ・・・すごいスタジアム。

ここを1日貸し切って70周年祈念式典って

ものすごい事やん・・・!

図面で見ててもすごいとは思ってましたが

現場はやっぱり何十倍もすごかった。

おいもさんのお店「らぽっぽ」や

蛸焼き「道頓堀くくる」など世界中に

たくさんの店舗を展開されている

従業員数1200名超えの大企業

白ハト食品工業さんの設立70周年記念式典

光栄な事に、その大切な特別な式典の

装花をHAPPY COMEが担当させて頂くのです!

 

当日指示された場所にベースをsetして

2時間内に仕上げないといけません。

カメラで見るとサイズ感あんまり伝わらないかな?

その場で感じる会場の大きさのプレッシャーは

ちょっと今までとも別格。

 

2.5mの立派な東海桜をドドーンと入れて

背の高い草花をどんどん入れていく。

アンティークアジサイもたっぷりと

用意していましたが、真っ赤なステージカラーが

想像以上に反射して、カッコいいくすみ

ボルドー色が汚く見えてしまう為

急遽全て抜きました。

モンステラの大きな葉っぱも反射で

テカテカに見えて恰好悪いので全て却下。

予備で持ってきてた、たわわに実った

ヘデラベリーを全部投入。

現場でしか調整ができない事が

いろいろと起こるけれどそれも想定内。

カントリーハーベスト修行時代に現場での

いろんな経験をさせて頂いていたのを

やっぱり体は覚えてるんだなっとしみじみ。

 

2時間あるはずが、横でリハーサルなどを

されている中、1時間半で仕上げる事に。

炎天下、ジリジリと皮膚が傷みを感じる程の

強い日差しには正直参った。

私たちでさえ、この日差しにはフラフラするのに

根っこがない切り花には拷問でしかない。

バケツに入れている状態でも辛そうなお花たちに

ずっとずっと話しかけて作業した。

「たくさんたくさんの人が見てくれるよ

暑いけどがんばれ〜

綺麗に咲いてくれてありがとう

日差しに負けず可愛いなぁ

ほんまにありがとう」

 

仕上がって、ナオが資材など撤去してくれている間に

舞台にお花と私だけになって、全部のお花に触れて回った

「がんばれ〜!最高に可愛いで!がんばれ!がんばれ!」

いつもは送り主様のお気持ちを

お花たちに宿すけれど

今日は花たちの魂と自分が共鳴して

大きな作品になるお仕事なんだと感じた。

 

壇上で美しいのは当然。それだけではく

スタンド席そしていろんな角度から見られるので

下からしか見えない状態で、上部からの見え方を

全て想像して挿していかなくてはいけない点が

とても難易度が高かった。

欲を言うと時間がもう少しあれば

スタンド席にあがって、桜の枝の角度などを

もう少し微調整したかったな。

(ゲスト席は3階まであがるのです!)

あんなに大きな大きな活け込なのに

スタンド席から見るとこのサイズ。

お打合せの際に、イメージとしては卒業式の

壇上花くらいでってお話しもでたけれど

はっきりと「ステージと全くサイズが合いませんよ」

と、担当者さんに言って5倍以上のサイズを提案した。

すべてを快諾して下さり、本当に何から何まで

こちらの提案に感激してくださって

作業しやすいように社員の皆さんが整えて下さった。

活け込が終わる頃に、お電話で依頼を直接下さった

社長さまがお見えになった。

「うわぁ〜!素晴らしい!完ぺきやね。

さすがやわ。やっぱり頼んで良かったわ!

愛之助さんの生着替え、このお花の前でできひんのか?!

花をバックに・・・!」っと、進行の方に

指示して下さるお姿にジーンとなった。

ただただ飾る花を依頼した!ではなくて

素晴らしいお花なんだから、もっともっと

目立つようにと言って下さるだなんて

関わるすべての人や物への配慮が細やかで

あたたかで感激でした。

ただ業者として扱うのではなく

こうして70周年を迎えられるのも

お客様や業者の皆さんの力があってこそと

おっしゃるその姿勢やお人柄が

本当にあふれているなぁっと感じた。

 

お店もてんてこ舞いに忙しい日だったけれど

現場にはナオを同行させて、この一生に

一度見れるかどうかの大きな現場仕事を

体験させたら・・・テンション高かった!笑

そりゃそうだよね。

こんなすごい大舞台そうそう立てるものじゃない。

しかも自分たちが活けた花を2000人もの

人が見るんだもの。

こんな経験なかなか出来ない。

スタッフ皆にも体験させてあげたかったなぁ。

でも、次の80年・90年・100年も

装花担当させて頂けるように

HAPPY COMEも成長します!

 

「是非、パーティーも楽しんで行って下さいね」

「いっぱい美味しいの食べてちょうだい」

そう言って、ご招待下さったので

汗だくなので着替えに帰って参戦だーーーー♪♪♪

スペシャルゲストはもうおわかりですね?!

片岡愛之助さん!そしてそして・・・!

そのパーティーの模様はこの次の記事で

ご紹介いたしまーす!

 

 

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

| HAPPY COMEより  | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happy-come.jugem.jp/trackback/2902
トラックバック