CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 愛する人へミュゲブーケを* | main | 新緑を店内へ* 〜 hairsalon Milial 〜 >>
プリザーブドフラワーアレンジメント*  〜ギフトオーダー作品

HAPPY COMEは生花オーダーが多いのですが

実は、プリザーブドフラワーギフトの

リピート率も、とても高いのです。

ご依頼下さる方のお名前を拝見しては

『あ!金沢の○○さま?!

あ!東京の○○さま?!

これは、福岡の○○さん!』

全国からリピートしてオーダー下さる方の

お名前がズラリ。

どこにも無いオンリーワンのデザインを

ご希望下さるお客さまも多く

上から4枚の画像はすべて

「スペインがイメージで情熱的に!」

なので、HAPPY COMEの店頭には

まず並ばないビビットなお色合わせ。

スペインを調べたりフラメンコの画像を

拝見したり・・・スタッフが

楽しみながらお作りしております♪

頂いた情報を元に深く調べたり

何度もご依頼主様とのやり取りを

させて頂いたり「完全お任せ♪」っと

ありがたいお言葉を添えて下さったり。

ただ花を贈るのではなく、その想いを届ける事を

一緒に楽しんで下さるお客さまが

全国に居て下さりとても嬉しいです。

そして、ずいぶん前になりますが

海を越え台湾からのオーダーが入りました!

(この画像も送信してサイズ感の確認を)

フェイスブックメールでお問合せが来て

翻訳機を駆使し、全く話せないのに

英語でのやり取りを何日も何日もして・・・

(ラッピングはこちらに決定!)

イメージやラッピングについても

何度も何度もお色の確認をしたり

当日、イメージが違う!っとなっても

会話が出来ない為、こちらから

この感じで良いですか?!どう?!っと

ご希望を細かく聞きました。

本当に大変だったけれど、とても良い経験を

させて頂きました♪♪♪

全くしゃべれないのに、オーダーのやり取りが

できるだなんて、なんて便利な世の中なんでしょう!

(眼科OPEN=目玉の親父!遊び心が楽しいオーダー♪

「これを忍ばせて下さい」っとご依頼主様が

送って下さいました!)

ついに、ついに、ご対面の日が!

4人で日本旅行中のお友達カップルが

プロポーズをするそうで、成功だった際に

その場でサプライズでプリザブーケを

贈りたいとの内容でした。

(青い鳥がシンボルのクリニックさんへの御祝)
梅田のスカイビルの近くほホテルに宿泊されていて

USJなどにも行き、大阪を満喫されていたよう。

梅田に花屋はいっぱいある中で、わざわざ

お花を引き取りに守口まで電車を乗り継ぎ

守口市駅から徒歩で20分位迷いながら

辿り着いて下さったそう。

(眼科OPENで目玉の親父を忍ばせて♪)

もうあの苦戦したやり取りの末に

こうして本当にご来店下さり感激で涙出そうでした!

うまく気持ちを伝えれず、ずっとジェスチャーと

カタコト以下の単語を発してたら

一生懸命理解しようと聞き入って下さった。

(ガラスケースだとホコリなどの心配がなく

ご結婚御祝やお礼にも人気です)

またHAPPY COMEから梅田に戻って

スカイビルから夜景を見ながら

プロポーズ大作戦に挑むそうで

クタクタになっていたお二人を

駅までお見送りしました。

車の中でも、ずーっと微妙なカタコトを

発し続ける花束ね人にお付き合い下さり

何だか不思議な会話が繰り広げられ

どんどんお互いに目が穏やかになり

なんだか心が通じた気がしてすごく嬉しかった。

車を降り、電車の乗り場を案内し抱きしめて

バイバイをしました。(一緒に写真も撮りたいと

言って下さり3人でハイチーズ♪)

その夜、プロポーズ大成功の笑顔溢れる写真を

送って下さり、4人での最高の忘れられない

旅になったようでした♪♪♪

台湾からはるばる守口へ。

言葉は通じなくてもSNSで発信している

お花の写真を通して「ここに頼みたい!」

っと思って頂けて本当に光栄で嬉しく思います。

本当に良かったー!

 

5/14は母の日!

2017年オススメGIFTこちら⇒

 

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

| プリザーブドフラワー&ドライフラワー | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happy-come.jugem.jp/trackback/2916
トラックバック