CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ファイト一発!〜秘境:大杉谷へ2度目のチャレンジ〜 | main | スタンドいろいろ >>
自分との戦いとなった下山〜プライベート日記〜

AM6:00起床!

朝ごはんの時間です♪

滝の水しぶきを感じるほどの水の流れと

心地よい小鳥たちのさえずりに

心がスーーーーーーーッと開放される。

(岩場の真ん中にいるよー!見えるー?)

朝からすぐに桃の木小屋の目の前の

岩場へ飛び出すソラト

わかります?!見える?!笑

どれだけ大きな岩に囲まれてるか!

右下!!見えます?!

ソラトが岩に座ってるの。

自然界においてどれほど自分が

ちっぽけ、その大きな自然の中で

生かしてもらっているかを

感じずにはいられませんでした。

 

こうして炊き立てのご飯をいただけて

安心してお布団で眠れて

ソラトと心友と共に笑って過ごせる

とても貴重で平和な時間

最高に良い顔♪♪♪

 

さぁ!2日目も快晴です!

山の神様も味方してくれてる♪

そう感じながら、桃の木に勤めて長い

仙人のようなこんちゃん(右)も

一緒に5人で下山です!

これまた道なき道を、森の妖精たちに

導かれてるのかな?っと

思うほどに迷わずスーッと

先導してくれるキムキムとこんちゃん

森を守り登山者の為に、迷わぬよう

道しるべを付けたり・危ない岩をどけたり

鎖などで渡れるように補助があったり。

 

こうして一緒に歩いてくれる

上級者のサポートがあってこそ

自分が歩かせてもらっている事を

痛感しながら1歩1歩進みました。

2日目下山では、甘えさせてもらって

森の仙人:こんちゃんにソラトをお願いしました。

目が離せなかった小鹿のような

ソラトは男同士の登山に大喜び

いろんな質問をしているようで

何やらいっぱい話しかけてる。笑

男同士で歩くのがとてもとても

刺激的で楽しかったよう。

もうそのスピード感に全くついていけないほど

遠く遠くに見える2人

 

出発して1時間半くらいだったか

どんどん右膝に違和感を感じ

こまめに休憩を取らしてもらいながら

アップダウンの激しい岩場を越える

何とか・・・何とか下山しなくっちゃ。

美味しい美味しいお弁当を食べて

痛みが和らいでまた出発!

あと少し・・・あと少し・・・

険しい山道にはヘリコプターや車の

救助が来れず、滑落事故などがあっても

救助自体も難しい事は重々承知していました。

残り半分!そう聞こえていたと思うけれど

そのうちとうとう激痛となり

右膝の感覚がなくなってしまった。

岩場を越える足が上がっていると思いきや

全然上がってなくて、危うく転落しかけたり

杖で踏ん張ってどうにか右足をあげて

進むしかなく途中で自分の不甲斐なさに

悔しくて泣けてきた。

経験があっても、みんな楽ではなく

過酷な山道なのに、自分1人の体力の無さで

ものすごくペースを狂わせてしまい

自分の体重を支えるのがやっとで

ソラトの分の荷物も入っている

重いリュックをこんちゃんが

背負ってくれた。

前と後ろにものすごい重みのリュック・・・

それでも足元軽やかに進むこんちゃん。

鎖のところでは杖をパスして持ってもらい

腕の力だけでなんとか登って

また杖をもらって体重を逃がしながら

ちょびちょびと進む

手助けなしでは進めなくて

痛いのももう感じないくらいに

しんどくて辛くて出口が見えなくて

悔しくて悔しくて・・・

涙なのか汗なのかわからなかった。

 

1年前から筋力トレーニングをしていたので

今回の登山は前回よりもマシだと

どこかで思っていたのかもしれない・・・

4年前と変わらずあるのは根性だけ。

でも、唯一救いだったのはトレーニング成果で

バランス感覚が良くなっていたので

右足が動かなくても、どうにか左足や

腕でバランスをすぐにしっかりと取れたこと。

横は崖で真っ逆さま

谷底である・・・

本当に本当に長かった。

 

キムキムとのりさんがずっとずっと

前と後ろで励ましサポートし続けてくれて

心がボッキボキに折れそうになったのを

優しくずっとずっと支えてくれて

心も救ってくれた。

本当にみんなに感謝しかなかった。

登山って、本当に人生みたいだと思った。

超えられないほどの苦痛や試練

挫折があって、それでも仲間がいるからこそ

乗り越えられて、美しい景色や

最高の経験ができる。

超えた難関の数だけ心豊かになって

人の痛みも知り更に優しくなれる。

自分の足で1歩1歩踏みしめて

自分で進む。

15年HAPPY COMEを続けてきた道は

同じように険しくて美しく

仲間と家族がいてくれてこそ

踏ん張れているんだよなぁ。

 

最後の最後まで歩ききって出口で倒れこんだ。

車に乗って、安心したら知らぬ間に

記憶なく気がつけば下山報告の小屋到着。

しっかりと初級登山から初めて中級

上級へと経験を積む大切さも痛感。

 

最高に美しくってしんどくて過酷だった。

秘境!私も子供連れで行こう♪だなんて

安易に考えるのは控えて下さいね。

結構体力には自信のある40歳でも

ものすごいハードでした。

自分の命を守るのにも必死です。

ですが、しっかりとした経験と

しっかりとした体調管理で

お年をめした方も登山を楽しまれていて

とても励みになりました。

老後も自分の足でこうして登る

楽しみをかみしめたいなぁ。

登山計画と体調管理をした上で

神秘に満ちた美しすぎる

写真では全く伝わりきらない

あの景色を胸に刻んできて下さい。

 

桃の木小屋での他では味わえない

大自然にどっぷりと囲まれた

贅沢な時間も是非お過ごし下さいね。

1度目の登山で書いたのも発見♪

もちろん今回も書いてきました。

桃の木小屋で販売してるてぬぐい

是非GETして下さいね♪

キムキムデザインだよ〜〜〜♪

(桃の木小屋の皆さんお世話になりました♪)

 

最後に、キムキム&のりさん&こんちゃん

本当に×100ありがとうございました!

スペシャルサンクスです!!!!!!!!!

心からの感謝と愛を込めて!

出会えて一緒に大杉谷へ行けて

最高に幸せです♪♪♪

行ってよかったーーーーーーーー♪♪♪♪

また必ずしっかりと経験を積んだ上で

行きも帰りも安全に登山できるように

整えて再チャレンジしたいです!

 

長いながいプライベート日記

最後までお読み下さり

ありがとうございました♪

2度目の登山日記

これにておしまい♪

チャンチャン♪

| プライベート | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happy-come.jugem.jp/trackback/3141
トラックバック