CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< アドバンスコース追加決定しました! | main | リッツ・カールトン大阪 装飾完成! >>
リッツ・カールトン大阪 〜装花までの裏側〜

大変お待たせしました!

「装花の記事、毎日楽しみに待ってます!」

「早く見たいです〜〜〜〜♪」

「もう♪こんなにもドキドキさせて

もらえて、一緒に装花してる気分〜〜〜!」

「先生お忙しいし、我慢しなくちゃだけど・・・

でもお願いですから早く見せて〜〜〜♪」

「どこまでもついていきますから〜!」

っと、全国各地たくさんのメッセージや

お越し下さる生徒さんたちから

あたたかなお言葉やお手紙が届き

本当にありがたく、心がホクホクしております。

翌日の仕入れもものすごい量で、ノンストップで

装花・レッスン・ブライダルとおかげさまで

充実の日々を過ごしており、もう1ヶ月前位に

感じるわぁ〜あれいつやったっけ??っと

言ったら、まだま余韻に浸ってるスタッフたちから

「まだ1週間も経ってません〜〜!!!」っと。笑

おかしいなぁ・・・笑

本当に濃厚な毎日です。

 

・・・なんだか自分の中では装花から

時間が経ちすぎて、現在進行形でたくさんの

お仕事にすでに向き合っているので

あの瞬間と感じ方が違ってしまっていて

やっぱりなんとしてもすぐにブログに

綴れば良かったなぁと思う反面

今だからこそ見えるいろんな面から

ご紹介したいと思います。

 

そして、装花に関してはまずこちらのブログ

目を通した上で、今日のブログをご覧下さい。

一緒にワクワクを共有して頂けるはずです♪

さぁ、場所はね、なんと憧れのリッツ・カールトン大阪だったのです。

独立したての頃から、早く一流の仲間入りが出来るようにと

一流のお店やホテル・そして接客などを感じたいと

背伸びしてロビーをうろちょろした記憶があります。

 

30代でリッツ・カールトン大阪のBARなどに

度々連れて行って頂ける機会に恵まれた際に

その想いはよりじわじわと深まるばかりでした。

「花屋なんてどこも一緒でしょ?どう違うん?」

「たかが花屋、なんでそんなにこだわるん?」

「女でそんな頑張っても、限界があるやろ〜」

若い頃は本当に心無い言葉に悔し涙を流す事も多かった。

ただの花屋・・・そう言われないように、いつからか

確立したブランド化を目指すようになった。

でもこの数年でより美意識の高い方々が増え

花屋のテイストの違いやそれぞれの個性を

キャッチして下さる方がたくさん増えた。

まさにその憧れの場所で今こうしている。

スタッフ全員の意識が「ただの花屋」ではなく

HAPPY COMEとして看板を背負って

フローリストとして丁寧にしっかりと

向き合ってくてれる。

そこに、主婦とかママとかなくて

HAPPY COMEの一員として誇りをもって

挑んでくれているみんながいました。

1人ではじめて、嬉しいも悲しいも辛いも

全部1人で受け止めてきたのに

スタッフが1人増え2人増え

その度に、喜びは何倍にもなり

悲しみは皆でわけっこして今がある。

後ろから総監督のように見守っていて

じんわりとこみ上げてくるものがありました。

そして、いろんな方に聞かれたのですが

今回のご依頼はもともと装花ではなく

「スタンド花20基前後お願いできますか?」

っとのお問い合わせでした。

もちろん「できます!」即答でした。

でも、リッツカールトンの廊下にズラーッと並ぶ

数多くのスタンドを想像して、頭の上に木札が立つ状態での

記念撮影が目に浮かび・・・もったいないなぁ。

700名もゲストが来られるなら、スタンドの前で

写真撮影ではなく「御社にぴったりなオシャレなフォトブース」を

作りませんか?っと提案しました。

美意識の高いセレブな方々が参加される

パーティとの事でしたので、思いっきり

エレガントに華やかにデザイン致しました。

今回の装飾では、以前からブライダルのお仕事で

何度かご一緒していた Mood&Luce さんに

御祝のお札(フラッグ)・流木の支柱をオーダーしました。

やっぱり最高!っと感激する細やかなお仕事っぷりに

スタッフ一同惚れ惚れでした♪

グっと惹き付ける他には無いインパクト!さすがでした♪

そして、毎晩遅くなっていた妻であるハネチャンから

女性だけで、すごい場所ですごい大掛かりな装花を

すると耳にしていたハネジャーの旦那:タカさんが

大きな車を手配して運転手をするよと

申し出てくださったんです!!神や〜〜♪♪♪

レンタカーのハイエースなど日頃運転し慣れない長い車を

スタッフが運転出来るのか・・・そんな心配事まで

いろいろと解消され、しかも搬入もお手伝いして下さる事に♪♪

そしたら、スタッフの旦那さんまでもが参戦して下さるのを

耳にし、そんな大きな装花なんやと初めてちゃんと理解した

S平さんも、急遽ハイエースを手配しお手伝いに来てくれる事に!!!

なんと!何度もピストンせずに2台の大きい車と軽自動車の

3台で搬入・撤去も無事にクリア!泣ける〜〜〜!

これだけでも時短!体力消耗を防げて装花に集中できる!

そして、HAPPY COMEファミリーで

今はリッツ・カールトン大阪の日比谷花壇に

勤めているせーこが、細やかに動線なども

教えてくれて、店長に掛け合いお手伝いに

駆けつけてくれて・・・足らずや不備があった際には

すぐに助けてくれて、本当心強かったです。

日比谷花壇:店長の竹野さん・すがちゃん

せーこ・スタッフの皆さん

本当にありがとうございました。

良き花仲間として助け合える

あたたかな関係に感謝でした。

(これからも宜しくお願い致します!)

(LOVEせーこ!みんなみんながせーこの笑顔にめっちゃ元気もらってた♪)

 

リッツ・カールトン大阪のスタッフの皆さん

本当に優しくてとても気配りに溢れていて

気持ちよくお仕事させて下さいました。

やっぱり大好きだし憧れの場所です。

そして、作成の時と同じく現場でも

全体を把握し中心となってくれたのは

ハネジャー!

最終電車で帰るスタッフたちを見送った後も

私と時間を共有し、少しでも負担を減らそうと

全力でサポートしてくれました。

スタッフのみんなもそれぞれの全力を尽くしてくれて

本当にありがとう!お疲れちゃんでした!

 

私以外はブライダル装花など以外での

現場の仕事はほぼした事がない中

「想像してみ!」「先よみや!!」

「イメージしななんもできひんで!!!」っと

毎日のように厳しく言われても

なかなか思い浮かばなかったかもしれない。

「ワクワクしすぎて寝れなかった」

キラキラした目で言うスタッフたち

全員がしっかりとその先を想像できていたこの日。

「自分たちでこんなすごいことができるなんて」

「めちゃくちゃ楽しかった〜〜〜♪♪♪」

「夢見たいです!!!!」

「こんな世界があるなんて」

感動しきりのスタッフのみんな

本当によく頑張りました!

自己満足で終わるのではなく

お客様に喜んでもらえてはじめて完成

120点のパーフェクトの装花

全貌は次のブログでご紹介しますね!

長文読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

| ディスプレイ&インテリアコーディネート | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happy-come.jugem.jp/trackback/3240
トラックバック