CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ひなたぼっこカフェ2周年♪ | main | 空登とのお別れのあたたかなサポート >>
皆さまに大切なご報告があります・・・

皆さんに、ご報告しなくてはいけない事があります。

 

急に音信不通となり、市場の方や

お店のお問い合わせなどいろんな所から

たくさんたくさんの・・・数え切れない程の

「心配してます」「大丈夫ですか??」の

お声をいただいています・・・。

返信できる気力も体力も無かったのですが

みなさんにご迷惑とご心配をこれ以上

掛けられないのでお話させて頂きます。

すごくすごくショッキングなので

お出かけ中などは読むのをお控え下さい。

 

 

先日、レッスンを終えて夕方自宅へ戻ると

数時間前に会話した 空登とは違う

変わり果てた我が子の姿が そこにありました。

 

救急車で救急へ運ばれ

私は扉の前で泣き崩れ

命だけは、なんとか助けて下さい

と、何度も叫んだ。

 

私の心臓でも 脳でも

何でも使えるものは使っていいから

救ってくださいと泣き叫んだ。

 

管でいっぱいの身体や

その恐ろしい、信じたくない目の前の状況

夢であってほしいと願い続けた

 

もうどれくらいの時間 救命処置をして下さったのか

何も受け入れられない混乱状態の中

ようやく家族が駆けつけてくれた

これは夢・・・これは夢・・・

何度もそう自分に言い聞かせていたのに

その泣きじゃくる家族の姿で 

現実を突きつけられた。

 

 

自宅での死亡の場合、

事故・事件の両面から

徹底的に捜査されるようで、

学校や塾、スタッフへの聞き込みもされ

気が遠くなるような長時間の調査の結果 

事故死と断定されました。

 

自宅の吹き抜けになっている 高い梁の所まで登り・・・

帰らぬ人となりました。

「こんな事になるなんて思ってへんかってもん〜」

って、一番 空登が驚いていると思います。 

 

小さい時からわんぱくで

屋根の上や、高い高い塀にもヒョイヒョイとのぼり

片手を骨折してても走り回り、さらに  両手骨折。

「取り返し つかへん事になるからやめなさい!!!」

もう何百回言い続けてきたかわかりません。

もうずっとそのムチャクチャなわんぱく怪獣に

振り回されていましたが

中学生になってからは 本当に手伝いもよくしてくれて

コロナの影響でずっと家に居るようになってからは

13年間で一番 一緒に長く過ごし

空登のいろんな面が見られて、本当に楽しかった。

神様が与えてくれた時間だって思って

本当に毎日幸せだった。

やっと普通の親子みたいに朝も昼も夜も一緒。

おやつ作ったり、洗濯物も一緒に干したり

もちろん毎日数時間ごとに大喧嘩して

大笑いしての繰り返しで、ヘトヘトだけど

心の底から幸せな時間だった。

 

今もまだ信じられないし、毎日現実から

逃げ出したくなり感情がうまく

コントロール出来ない状態です。

 

お通夜には、コロナの影響もあり同級生などへの

連絡はせず、空登が大好きな家族ぐるみの

お友だちにだけ来てもらえたらと

ひっそりと執り行いました。

ほとんど連絡をしていない中で、数え切れない方が

空登を想い最後のお別れに駆けつけてくれました。

空登には年齢を越えた お友だちがいっぱい。

大好きな親友が空登のために思い出のガトーショコラを

涙いっぱい焼いてきてくれて・・・

大好きなパンや

たくさんのお手紙と写真と・・・

棺の上は、空登への愛でいっぱいでした。

どんだけ愛されてるんよ・・・

お通夜の法要を終えた後も、たくさんの方が

残って下さり、ずっとずっと空登の顔を眺め

涙し、話しかけて下さっていました。

 

私の宝物であり、生きがいであり

命より大切な空登との、あまりにも急な

お別れに心の整理は付くはずも無く

意識が遠のく中でお葬式を終えました。

 

 

私も、家族・親族・スタッフも

突然すぎるこの状況を いまだに

飲み込めずに居る中で

「何で??何があったの???」

「どこで??落ちたん?何してたん?」

「打ったん?どこを??」

っと、聞かれても辛すぎて答えらえません。

今でも私たちは信じられない・・・

信じたくない・・・

 

そして、そう聞かれる度に、思い出したくない

発見した時の状況・救急車・救急処置

警察での調べなど、その辛くて無力で

どうにも出来なかった、あの地獄のような

時間がまた頭を巡り、自分が何で生きていて

命より大切な空登が

なぜこの胸の中に居ないのか思うと

震えが止まらなくなる。
 

もちろん皆さんの中でも

何でなん?!信じられヘン!!

胸が引き裂かれる思いだと思います。

 

「一番辛い思いしてるのに、何もすぐに話さなくていいよ・・・」

そんな言葉を身内や親友たちに掛けてもらいました。

 

親族・スタッフも心に深い消える事の無い

大きな大きなショックを受けています。

悪気なく聞いてしまうと思います。

なんで?!どうしたの?!当然です・・・

ですが、その度に 私達の心もまだこの事実を

受け入れられずに日々過ごしております。

どうぞお願いですから、スタッフや親族へ

質問はしないで下さい。

答えられる訳がない。

弟のような息子のような愛しいファミリーの

思いがけない突然の死。

 

私がいない間スタッフは、年度末の仕事なども

たくさん頂いていたので

本当に力と心を合わせて乗り切ってくれました。

「幸さんはお店の事は何も心配せずに

空登についてあげててください」

そう言って、全てのお仕事をクリアしてくれました。

 

仕入れもハネジャーが美しく新鮮なお花たちを

完璧に選んできてくれて、お休みだった

スタッフもみんな駆けつけてくれたそうです。

その忙しい店内は 悲しみでは無く

不思議と温かで穏やかな空気が流れ

「あ!ここに空登 いてるな♪」

「私たちは大丈夫です。空登がそばにいるから♪」

「空登のチェックは厳しいから気が引き締まるな!!」

空登のぬくもりを感じて

みんな乗り切ってくれました。

 

 

空登も含めてのHAPPY COMEであり

生まれてからはずっとずっと生徒さんやお客様に

たくさんたくさん愛し可愛がって頂いています。

会った事はなくても、

ずっとずっと成長を楽しみにしていますと、

世界中からエールを頂いていました。

本当にありがとうございました。

 

 

皆様へ、

このような形での報告で

誠に申し訳ございません。

そして、すでにお話が回ってしまった方からは

空登へ 御供えのお花を贈りたい と

ご連絡を頂き愛情深く想いを寄せてくださり

本当に感謝しております。

 

上記の理由により、お一人お一人様に

お返事や状況を店頭などで説明する

気力が私たちには残っておりません。

どうかお察し下さい。

厚かましいお願いですが、

ご理解頂きますよう心からお願い致します。

 

そして、HAPPY COMEは

スタッフ全員が今回の事で

いつも以上に想いを宿す

大切さを痛感しています。

それぞれのストーリーや想いを

しっかりとキャッチしお花に宿して

お届けさせて頂いております。

空登のチェックが厳しいので

スタッフ一同とても気を引き締めて

取り組んでいます。

 

そして、私は必ず気持ちを立て直して

いつもの日常に戻ってきます。

毎日泣き腫らし、ジャガイモみたいな

顔では皆さんの前には出られません。

あと少しだけ時間を下さい。

必ず戻ってくるから。

待っててね。

 

長い文となりましたが、最後までお読み下さり

本当にありがとうございました。

 

株式会社HAPPY COME

代表取締役社長 松浦幸

 

 

P.s

次は悲しいだけではなく

私が前を向こうと思えた

とても愛情深いお見送りの時

忘れられないあたたかな

お話を少し聞いて下さい。

また後日綴りますね。

 

| プライベート | 23:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする