CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 皆さまに大切なご報告があります・・・ | main | 4月営業についてお知らせ >>
空登とのお別れのあたたかなサポート

先日のご報告に対して、世界中からの

寄り添いのお言葉・メッセージ・コメント

お手紙など300通を越える愛情と

連日たくさんお店にも自宅にも御供えや

美しいお花を届けて下さったり

スタッフみんなへのエールを込めて

差し入れまで・・・

私にも少しで良いから口にしてねと

フルーツやヨーグルトなど

本当にたくさんたくさんのあたたかな

お気持ちを届けて下さり・・・

胸がいっぱいです。

 

個々への御礼が出来ておらず

申し訳ありません。

「返信はいらないよ」

「ずっとずっと待ってます」

「焦らないで、ゆっくりと」

文面の最後にはみんなそう添えて下さり

悲しみに寄り添って下さり感謝です。

 

 

私が今こうして前を向こうと思える

大きな力は家族・スタッフ・友だち

生徒さんや応援して下さっている

皆さんの愛が、自分が想像するよりも

遥かに大きく深かったからこそ。

空登の後を追いかけてもおかしくない

精神状態の中、ズタズタな心を救ってくれた

大きな大きな愛に感謝してもしきれません。

 

今日はお通夜・葬儀を担当して下さった

守口典礼会館のKさんのお話をさせて下さい。

その急すぎる悲しみのドン底から

私や家族がゆっくりと空登の身体と

お別れできるように、形式にはめ込むのではなく

本当にゆっくり時間を掛けてくださいました。

 

会館へ運ばれる時など、空登から離れられない

私をゆっくりと見守って下さり、焦らせずに

ゆっくりゆっくり・・・空登を抱きしめさせて下さった。

親子3人で川の字・・・いや、両側から

トト・カカが空登に絡みつきすぎて

太巻きみたいになっていたかな。

棺に入れる時間まで、横に寝そべって

一緒に過ごせるようにと畳の上に

同じ目線で過ごせるようにして下さったり

棺に入れないでと号泣する私の心が

おさまるまで、本当にながい時間を掛けて

ずっとずっと見守って下さった。

 

お通夜の日も、皆さんが帰られた後

棺を高い台の上に載せたままではなく

棺からはもう出せないけれど、親子3人で

川の字で寝られますか?と、出来るだけ

近くにいれるようにと、お布団を両サイドに

ひけるようにして下さったり。

 

会館としての決まりはたくさんあると思うし

きっとスケジュール通りにしなければ

会館側のスタッフの皆さんもとても大変なはず。

でも、ただ葬儀へのスケジュールをこなす

のではなく、故人の気持ちや家族の気持ちに

寄り添い、悲しみに落ちるだけではなく

故人を深く深く想い・偲ぶ時間へと導いて下さり

心からの寄り添いをして下さいました。

 

「空登くんが喜ぶと思いますので」っと

どんなに時間が掛かっても、トト・カカの

手でちゃんと見送ってあげれるように

何ひとつ「作業」はなく

そのひとつひとつが「愛」で溢れる

時間にして下さった。

 

そんな、ただ言われた事をするだけの

行事としての流れではなく

空登の事だけをみんなで想い悲しみ

あたたかなお通夜と告別式

初七日を終えました。

お通夜・葬儀の後に

「会館の方も泣いてらっしゃったね・・・」

いろんな方に後から言われました。

悲しみだけではないあたたかな

時間にして下さりありがとうございました。

改めて、Kさんに担当して頂けたこと

心から感謝です。

守口典礼会館のスタッフの皆様

Kさん、本当にありがとうございました。

 

そしてどうやって火葬場から会館・家まで

帰ったのか意識が無いけれど最後の最後に

掛けて下さった言葉に涙が止まらなかった。

そのお話のお陰で

「カカって、スゲー!」

空登が自慢げに言っていた言葉を思い出した。

そうだ。

世界一の花束ね人になって、空登にとって

自慢のカカでいなくっちゃ。

 

2月末の単発レッスンの時にはカーテン越しに覗いて

「生徒さんカカと写真撮りたいって列になってたな!」

「カカは芸能人でもないのに握手もとめられてたな!!」

「日本中からカカに会いにくるん!?スゲーな!」

「ソラトのカカって、スゲーやん♪」

自慢げに話してくれる笑顔に、必死のパッチで

応えたくていつも頑張ってたんだ。

 

「やっぱり空登のカカは世界一やな♪」

そう空登に言ってもらえるように

私は絶対に這い上がる。

 

 

そして連日、生徒さんやお友達から

「今すぐはお花いっぱいだろうからすぐ

じゃなくてもいいから、お花が途切れそうに

なった時に、御供えして下さい」っと

たくさんのお気持ちをHAPPY COMEに

頂いているそうで、本当にありがとうございます。

毎週のように入れ替えても四十九日まで

お花が途切れそうにありません。

「みんなめっちゃ空登の事すきやな〜〜♪」って
ニタニタ笑った空登の声が聞こえてきそうです。

ご来店やオーダーフォームでも、たくさん空登への

御供えをとご連絡頂き・・・

本当に本当にありがとうございます。

 

まだまだ人前に出られる顔ではないのですが

ひっそりと出勤してはお花に触れています。

だから安心して下さいね。

 

また長文となりましたが、お読み下さり

ありがとうございました。

| プライベート | 17:25 | comments(0) | - |
コメント
コメントする